MENU

いい女は「マザコン男」なんて言葉を使わない。

大好きな彼に、もっと「いい女」と思ってもらうために不可欠なのが、彼の人間関係と上手におつきあいすることです。
たとえば彼の家族。

 

女性はよく「マザコン男は嫌だ」って言いますよね。でもちょっと待って!世の中にどれだけマザコン男性がいるか、知っていますか?(笑)
はっきり言って、ほとんどの男性は多かれ少なかれマザコンなんです。そして「マザコンなんて嫌」って言ってるような女は正直うざい、って思っているものなんです。
モテるために大事なことの一つ、それは、「あなたってマザコンね、キモい」という気持ちを今すぐ捨て去り、「お母様を大切にしてるあなたって素敵」と思うことです。
これだけで、マザコン男嫌いな女子達に、うんと差をつけることができちゃいます。

 

学生の彼がお母さんのお手製のお弁当を持っていた時はチャンスです。「わあ美味しそう、お母さんって料理が得意なんだね」と褒めてあげましょう。
それからたとえば、一人暮らしの彼の家の冷蔵庫に、彼のお母様のお手製の煮物なんかがあった場合も同じです。ちょこっといただいて、褒めちぎるんです。「お母さんとってもお料理上手なのね」と。
そしてお母様のおかげで彼の部屋が綺麗に片付いていたら、「お母さんって片付け上手ね、こんな綺麗になっててすごい」と褒めるんです。

 

さらに、彼の実家から食料品だの色々荷物が届いていたら「お母さん優しいね、一人暮らしのあなたのことが心配なのね」としんみり言ってみるのです。
そうそう、「最近、お母さんに連絡してる?ちゃんと電話してあげなよ、きっと寂しがってるよ」なんてアドバイスするのも良いかもしれませんね。

 

口先で照れ隠しに「えー?別にそんなことねえよ」「おふくろなんてどうでもいいよ」なんて言っていたとしても、内心すごく喜んでいます。
そしてあなたへの好感度もぐんとアップしています。
男性にとって母親は永遠の憧憬の的なのです。その御威光(笑)を、あなたがいただいてしましょう。
「母を褒めてくれるこの女性」は、男性の中でうんと大事な存在へとステップアップをしていくでしょう。

 

さて家族だけが彼の人間関係じゃありません。彼には仕事の同僚がいて、地元の友達がいて、趣味の仲間がいるでしょう。こういう人間関係も、あなたは温かく大事に見守ってあげて下さい。
たとえば私の知人の彼の話なのですが、「友達とアニメのイベントに行く」と言い出したそうなのです。
オタクが大嫌いな彼女はショックを受けて、絶対に行かないで、と言ってしまったそうなのです。
これには彼氏が相当、へそを曲げてしまったとか。

 

なんて可哀想な彼氏さん!彼自身はオタクじゃなくても、彼の友達にはアニメ好きやらアイドル好きやらがいるかもしれません。どんな趣味を持っていようと、彼にとっては大事な友達です。友達から一緒にその系のイベントに行こうと誘われることもあるでしょう。
そういう人間関係も、決して干渉せず見守ってあげましょうね。