MENU

女子力アップに必要な『気配り』を極める三か条

気配りの上手な女性は、同性だけでなく異性にも人気がある存在です。
そういった女性は、誰かのために物心両面のサポートをしたり、優しい言葉をかけたりするものです。
「この人は気配りが上手だ」という評価を得るためには、どんなことに留意すればよいのでしょうか。
ここでは、基本となる三つのポイントを紹介します。

 

その1・相手の名前と顔をしっかり記憶する

 

学校や職場で、初対面の人と出会うケースは多いはずです。
そんな時、互いに名乗ったり何気ない会話をしたりすることで交流が深まります。
そこで、相手の名前や会話の内容をきちんと覚えておくことが大切です。
次に会った時に相手の名前を呼べば、「この人は名前を覚えてくれていた」と喜ばれます。
また、「この前聞いた映画の話ですけど」「そういえば、〇〇が美味しいって話してましたよね」などと、話を向けます。
すると相手は、「名前だけでなく前回の話も覚えていてくれた」と感動することでしょう。
それがあなたへの好印象につながり、良いコミュニケーションが取れるようになります。

 

その2 相手の状況や立場を尊重する

 

上手な気配りとは、相手に押しつけがましい言動を取らないことです。
たとえあなたが良かれと思ってしたことで、相手にとっては不要だったり迷惑だったりするかも知れません。
できるだけ相手が望んでいることを推測し、適切に行動するようにしましょう。
仮に、以前の会話で相手が「〇〇が欲しいな」と話したとします。
この場合は、タイミングを見てその品物をさりげなく贈ると、相手に喜んでもらえるでしょう。
あるいは、「その人が誰かと仲違いしていたら仲裁してあげる」「たくさんの仕事を抱えていたら少し引き受ける」などのフォローも効果的です。

 

その3 場に応じたファッションを心がける

 

最近はファッションが多様化しており、自分なりのおしゃれを追求する人も増えています。
しかし、時と場合を考慮したファッションこそ、大切な気配りだといえます。
たとえば、ゴルフの試合を観戦するのにハイヒールとワンピースでは適しません。
「格式の高いレストランへ行くのにカジュアルな服装だった」「ハイキングをするのに街歩きのスタイルだった」
こういうケースも、相手に幻滅される原因です。
その場の状況をしっかりシミュレーションし、事前にファッションアイテムを準備するようにしましょう。

 

おわりに

 

気配りをするには、局面に応じていろいろなことを考え合わせ、最適な言動を取らなければなりません。
それは大変なことですが、あなたの行動や言葉が周囲の人を快適にするともいえます。
そこに喜びややりがいを見出せば、さらに気配りを極めることができます。
すると、周囲の人からも「いい気配りが出来る人」と認められ、信頼を勝ち取れるはずです。
まずは身の回りのちょっとしたことから、気配りを実践してみてはいかがでしょうか。